【読書】任せるリーダーが実践している 1on1の技術

読んだ本

任せるリーダーが実践している 1on1の技術

任せるリーダーが実践している 1on1の技術

1on1について、アドラー心理学とのつながりを記載しながら書いた本です。

学んだこと

1on1とは?

シリコンバレー中心に広がった、1対1形式で週に1度、30分などコミュニケーションを行うこと。

期待される効果

  • 会社と社員のエンゲージメント(絆・愛着)向上
  • 心理的安全性(Psychological Safety) → 高業績に大きく影響を与える
  • アジリティ(機敏さ)とスピード向上
  • 意欲向上
    • アメとムチによる「外発的動機づけ」
    • 仕事自体が楽しみになる「内発的動機づけ」
  • スキルアップ
  • 理念・戦略へのアラインメント(方向の調整)
  • 問題の早期発見、対処
  • リテンション(人材の維持・離職防止)

失敗パターン

  • 時間が取れない
  • 話のネタが尽きてしまう

1on1の目的

  • 経験学習サイクルを回せるように支援
    • 経験→内省→概念化→新たな試み
  • 組織の成功循環モデルを回す
    • 結果の質→関係の質→思考の質→行動の質

1on1に必要なスキル

傾聴

3割話し、7割聞くように努力。

  • 相づち
  • オウム返し
  • 述語的会話:「それで?」「それから」
  • 沈黙:深い内省の時間
  • 非言語:表情や目線など
  • ページング:スピードや言葉遣いなどを相手に合わせる

勇気づけ

「自分には能力があり、周囲の人は仲間である」という感覚

質問

頭に空白を作り、思考を促す

  • 5W1H
  • Yes or No
  • 要約
  • 相手ペースで質問

フィードバック

事実と意見を分けて話す

以下の流れを意識する

  • 傾聴
  • 経験学習サイクル
  • 課題の分離
  • 協力と目標の一致
  • 解決志向ブリーフセラピー

マインド

  • 尊敬:行為と人格を分離
  • 信頼:根拠なく白紙委任状を出す
  • 協力:過干渉せず、放任せず
  • 目標の一致:競合的態度を排除する
  • 共同体感覚:他社を助け、喜ばせることを喜ぶ

【読書】行動科学を使ってできる人が育つ! 教える技術

読んだ本

行動科学を使ってできる人が育つ! 教える技術

行動科学を使ってできる人が育つ! 教える技術

最近、仕事で後輩の教育係を行っています。

後輩の教育を行う上で参考になるかも、と先輩から本書を借りて読みました。

育成を行う際に気をつけることについて、記載されている本です。

学んだこと

育たない原因

  • 「仕事は細かく教えるのではなく、盗んで覚えるもの」という古い考え方
  • 環境の変化
  • 環境の変化による、価値観の多様化

行うこと

心ではなく、行動に焦点を当てる

  • 対象となる人の「行動」を観察・分析
  • 望ましい行動なら、その行動をさらに実行し続けるようにする
  • 行動が間違っているなら、正しい行動に置き換えるための仕掛けを施す

信頼関係を構築

チーム内で信頼関係を築いていくために、必要な話。

  • プライベートの話をする
  • 小さい成功体験を褒めることで、見られているということを間接的に伝える
  • 失敗体験を話す

個人的には、あまり知らない人とプライベートの話をしたいと思いません。

本の中には鉄則として記載されていましたが、本が執筆されたときから時代が変わっていたり、個人差もあると思うので、全てをそのまま適用してはいけないなと感じました。

コミュニケーションの量を増やす上でプライベートの話をするよりは、「大学のとき何してた」とか、本人が今まで何をしてきたか、から入る方が良いのではないかと考えています。

動機を把握

仕事に関してどんなふうに成長していきたいと考えているのかを把握する必要がある。

そもそもの動機が弱い人もいると思うので、このあたりは無理に聞くのは良くないなと思いました。

内容の分割

  • 知識と技術に分ける
    • 知識:内容を知っている状態
    • 技術:課題を解決できる状態

細かく噛み砕く

  • タスクを理解し、実行できる粒度まで噛み砕く
  • 1つずつ実行できていたら、小さな成功体験を達成できたとして褒める

感想

教える対象の人が、作業を分割して、行動ベースで何をしたら良いかわからない人向けの本だと感じました。

行おうとしているタスクに対して、分からないことを知るための方法を教える際に、「行動」に焦点を当てることはとても重要だと感じました。

一方で、ある程度タスクを分割して一人で進められる人に関しては、このような手法は煩わしいかもしれません。

教育対象者がどのような人かを見極めて、適切なタイミングでアドバイスができれば良いと感じました。

【DevLOVE】day1 学んだことまとめ

DevLOVE Xに参加したため、記録を残しておきます。

devlove.wixsite.com

セッション

「嫌われない」を諦めない

speakerdeck.com

  • 全社横断のアジャイル推進組織
    • どういうふうに広めているのか(具体的な例)
    • 物事を広める、進める上での心構え(普遍的に抽象化した話)

チームの仕事領域

3つの仕事領域の関係性

  1. レーニングで底上げ
  2. 特定のチームに入り、課題解決しながら高みを目指す
  3. コミュニティでチームの事例を広めてスケール

画一的な支援内容にはせず、各メンバーの経験・スキル・志向を活かした支援を行う

広める

  • 推進する以上に、リーン・アジャイルを好きになってもらいたい
  • 嫌われることをいとわずに進むこともとても大事
  • でも何かを広める立場として、嫌われない努力、好きになってもらう努力も必要

リーン・アジャイルの最終的な目標は、組織文化に溶けてなくなること

心構え、接し方

謙虚
  • 何かを知っているからといって、当然何も偉くない
  • ただの専門性の違い、エネルギーの使い方の違い
敬意
  • 今の現場や人をむげに否定しない
  • あれ?と思うことがあっても、歴史があり、事情がある
承認
  • 偉そうにも感じるが、良いなあと思ったことを良いなあと言う
アプローチ
  • 聞くことからはじめる
  • 知る
    • 深く知る必要がある
  • 手段に固執しない
    • 何かを広める組織としては、ミッションに十分な余白をもたせる
    • 結果的に100%アジャイルのエッセンスを取り入れている
  • 準備
  • 最初の成功にこだわる
    • バイヤーズリモース
      • 自分の決定に自身が持てなくなること
    • とにかく失敗リスクを潰す、成功確率を上げる行動をする
    • アプローチする範囲もなるべく小さくする
    • 質の良い失敗をする
  • フィードバックを受ける
    • 4半期に1度、匿名アンケートを設けている
    • 伝わらないのは伝える側のせい志向で考える
  • プロフェッショナルの専門家であれ
    • 常に知識、理解を深めていく必要がある
    • チーム内で「Learning Time」をはじめてみた
  • 平易な言葉をつかう
    • 難しいことも平易な言葉で伝えられる方がプロ
  • ポジティブさ
    • 基本的にポジティブに。特に相手、チームがネガティブなときはよりポジティブに
    • チームがポジティブなときはネガティブに
  • コミュニケーションに注意を払う

アジャイルをどうやって紹介しているか

感想

  • 「画一的な支援内容にはせず、各メンバーの経験・スキル・志向を活かした支援を行う」、大事だと思った
  • 心構え、接し方はとても大事だと分かっているつもりでも、つい忘れがち
  • チームがネガティブなときにネガティブにならないように、心構えから考え直さないといけないなと感じた

エンジニアがUXデザインを学んでみた10年

www.slideshare.net

  • 縁について
    • つながる/つながらない〉の社会学

エクスペリエンスアーキテクト

取り組み

  • AT-ONE
    • ユーザサイドとビジネスサイドの両側面をつなげるための仕組み?
  • 3つの視座
    • 鳥の目
    • 虫の目
    • 魚の目

UXデザインとドメイン駆動設計

  • ヒト/システム軸とか可視性・可触性の軸で見える・見えないものを分析するのが好き

質的分析

  • 解釈は主体的・主観的であり、量的分析を行っている人と対立することもある
  • 質的分析では、意味に関する知見が得られる

レフトウィングとライトウィング

  • UXデザインでもレフト・ライトあるのではないか

blogs.itmedia.co.jp

感想

  • UI, UXの中にも様々な分野がある、知らない用語もたくさんだった
    • 全体的に勉強不足、UI, UX分野についてもっと体系的に理解したい
  • UXデザインとドメイン駆動設計の図がとても面白い、自分の興味をマトリクスで可視化できるの、とてもすごいなと思った
    • 自分の興味の分野って10年くらい頑張って振り返ったら見えてくるものなのか、最初から分かっているのか気になる
    • デザイナーとの会話の質を高める上で、どの部分について会話しているのか、どの分野に興味があるのかなど知っておきたい
  • 疑問:UXが好き ≠ UIが好きがあまり腹落ちできていない、どういう感覚なんだろう
    • UIが好きなひとがUXが好きだと思っていた
    • 心理学者とかも質的分析が多いのから、UXが好きと近いような感覚?
      • そもそも心理学者の対比になる量的分析学者ってなんだろう
      • アートとサイエンス的な分け方になるのか

エンジニア、エンジニアリングマネージャーとして成長するために必要なこととは? 〜成長とは何かを考える〜

speakerdeck.com

  • 組織・チーム
  • 設計
  • 個人

組織・チームにとって、個人がとても大事。環境によってヒトは変わる、やり方の問題。

成長とは何か?

  • 「上」に行く、行かねばならないという無言の圧力
  • 学び:学んだ結果に上下はない、失敗しても学びはある
  • VUCAの時代、100年時代
    • 年齢関係なく学び続ける必要がある
  • 成長とは? → 自発的に学び、変化し続けている状態
  • 今日は個人の成長についてのセッション

個人の成長

  • チームや組織に対するアプローチはよくある
  • 個人の成長に対するアプローチは1on1くらいしか見かけない

いろいろやってみた結果、チームだけでなく個人へのアプローチも重視すると効果的ではないかと感じる

  • ソフトウェア開発はチームスポーツである(Team Geet)
    • これはメタファー
    • 個人の力と成長も重視してより良いチームを創っていく

エンジニア・エンジニアリングマネージャの共通点の学び

  • やり方(スキル、能力)とあり方(人間性)
  • コルブの経験学習モデル
    • 志向・実践→具体的経験→内省的観察→抽象的概念化
    • 行動を変える→振り返る のサイクル
  • 基本、上の2つ

エンジニアの学び

  • エンジニアに成長についてインタビューをしている
    • 現状の結果と経験について話す

分かってきたこと

  • 学びの比重
    • 行動の比重が大きい ≒ 訓練
  • 学びの根源
    • 何が学びのモチベーションなのか、人によって違う
    • 一つの枠組みで、全員を当てはめるのは不可能
      • 目標設定なども全部人によって変えたほうが良さそう
    • 内的要因か外的要因か
      • 内的要因の人はプログラミングをおもちゃ・外的要因の人はプログラミングを課題解決のためのもの
        • 会場では外的要因(プログラミングは課題解決)の人のほうが多かった
        • 右側の人が左側を強いると、辞める
          • 自分はどちらかというと右側かなと思ったので、気をつけないといけない
        • 左側の人が右側を強いると、良い環境ではなくなる
  • 環境と他の人の助け
    • 発達範囲
      • 経験を積めば積むほど、周りのサポートが必要になっていく
    • 人は無意識で行動している
      • 無意識→意識化→無意識

自分の振り返りを言葉にする

  • スプリントごとに自分の振り返りをする人はほとんどいない
    • チームについてはするのに、個人の振り返りをしないのは矛盾
    • 言葉にするのが大事
      • なんか上手くいった、上手くいかなかったみたいなレベルでは駄目
      • 自己認識して、行動を思い浮かべることが重要
  • 振り返りのポイント
    • 内容よりも感じたことを言語化することの方が重要
  • 自分のKPTをやってみるとよい
    • 毎日やる、やれる量にする
    • Slack等で公開してみる
    • tryに活かしてみる

エンジニアリングマネージャの学び

  • 自分自身で努力する
  • 人の「あり方」に動かされる
  • 答えが無くなる
  • 矛盾と向き合う

意思決定

  • 自分で答えを出さないといけないから、自分で向き合わなければいけない
  • ピーターの法則
    • マネージャーになることはゴールではなく始まり

EMになったときに重要なこと

  • オーセンティックでいる
    • あなたのままでいる
    • それがまた難しい
  • アンラーニングする
    • これまでの経験を捨てる

感想

  • 他の人がプログラミングをどう捉えているのか、気になる
  • 毎日継続できる、日報フォーマットを作りたい
    • めんどくさくなって辞めがち
    • 普段自分はポモドーロで開発を行っているため、ちゃんと作業記録したい
      • これらの作業も自動で記録されていく仕組みを作っていきたい
      • 内省力を高めるために、ポモドーロを扱いたい
  • エンジニアリングマネージャーのための話も聞きたいなと感じた

それはYAGNIか?それとも思考停止か?

www.slideshare.net

  • 川島さん:そろそろエンジニア歴20年、すごい
  • 感情に訴える系の話が多いため、技術系の話にした

市場に早く出して、改善を繰り返す方のシステム設計

  • 正解なんて誰にもわからないんだから、早くだして早く失敗しよう
  • YAGNI(You ain't gonna need it: どうせ必要ないって!)
    • 覚えたら、つい使いたくなる甘美な響き
  • ビジネスの成長と共にゴールは切り替わっていく
    • とにかくスピード → 品質・生産性
    • 時間がかかる・工数がかかる・本番障害
  • ますますYAGNIの判定は重要に
    • YAGNI=設計をサボって良い」では断じてない
      • あとでクリーンにすることはない。市場からのプレッシャーは常にあるから。(クリーンアーキテクチャ)
  • 設計のサボりとYAGNI
    • 基本はリスクマネジメント(発生確率×流出コスト)
  • 2種類の非YAGNI
    • それ、そもそも後回しにできない
    • 今やっとかないと後々まずい
  • アーキテクチャ設計にどれくらい時間をかけるかには統計に基づいた研究がある
  • 技術的負債を抑えたYAGNI
    • インタフェースを使いDetailを分離する
    • 必要になるまで状態をもたない/持つ箇所を限定する
  • 最速インタフェース設計
    • 区分値, ステータスを属性にもつデータの塊(Entity的なやつ)
    • 開発体制の境界インタフェース
    • レイヤ境界のインタフェース
    • 同時に変更されるものが、あちこちに分散しているものはSRPに反する
    • 有名な句
    • 状態(ステート)
      • 更新は最小限に
      • 状態の更新の向きは一方向に
      • 状態をもつ箇所を切り出す
      • 途中の計算結果は必要になるまでもたない。

感想

  • ソフトウェア開発の基本で、とても重要な事項を学べる良い機会だった
    • 意識しなくても、呼吸のようにできるようになりたい
  • 設計の基本はリスクマネジメント(発生確率×流出コスト)という事実を再認識
  • 基本的なことを守ることがとても大事

エンジニア人生と定年退職

www.slideshare.net

自己紹介

  • 60歳になって定年退職した方
    • 今は東大の情報系の博士課程に入っている
      • 学割もあるけどシニア割もある
  • 大学卒業以来、プログラマとして生きてきた

  • 10年後の自分(生きていれば70歳)

  • 生命表(10年後生存確率)
    • 60歳の人は90%
    • 現状100歳まで生きるのは、100人に1.76人
    • なかなか難しい
    • 真理:人はいつか死ぬ
      • 細かいことに右往左往しない方が良いんじゃないかと思っている

「プロの酔っぱらい」が学生になるまで

  • 田舎暮らしに殺されない法
    • 定年後のあこがれの田舎暮らしなどないということを戒めた書物
  • 定年後に酒を飲む生活が見えた
    • 虚数の情緒という数学の本を読んだ
    • 禁酒をした
    • ふと文学を読みたくなった
  • 漠然と定年を意識した
  • 本を読む
  • 酒を止める

パラダイムシフト時代に生きる

  • 起こっていることを知らない
  • 起こっていることに気が付かない
  • 起こったあとはアタリマエになる

  • スマホが出てきて、みんなスマートフォンになった

    • 対応できなかった会社は、ある日モノが売れなくなったりする
      • PC → スマホに変わっていることに気がついているのに、動けない
    • 歴史は繰り返している
  • 1970年, 1980年代
  • 1990年
  • 2000年代
  • 2010年代

    • 震災
    • 深層学習
  • OSS

    • パザールモデル
    • ライセンス
      • GPN
      • 知財は秘密にするしか価値が守れないと思っていた
        • オープンにすることで価値があがることを理解できなかった
    • 勉強会
      • コミュニティ
      • 何で自分の時間を使って勉強会の運営したりしているんだろうという気持ちがあった

ライフ・シフト, ワーク

  • 4回転職
    • 多くも少なくもない
    • 大学の同期を見てみると、1社の人がとても多い

感想

  • とても貴重な話
    • 歴史・パラダイムについて考える良い機会
      • エンジニアは常に新しいことを継続的に勉強する
  • 学割もあるけどシニア割もあるって、すごいカッコいいジョーク
  • 年齢関係なく、挑戦している人はとてもカッコいい

懇親会

懇親会の際に、「エンジニア人生と定年退職 」を発表された吉岡さんに、気になったことを聞きました。

会話から学んだこと・感じたことを書き起こしておきます。

  • 30年エンジニアをやっていても、変わっていること・変わらないことはある
    • Systemの根幹の部分は比較的変わりにくい
      • 枯れている知識を学ぶことも重要だと感じた
  • 数学を学習することで、現代のトレンドであるパラダイムを理解することができる
  • 自分はソフトウェア開発をしている中で、深い部分を理解できていない
    • そのままでも良いのかどうかが分からない
      • プログラミングは楽になっている
        • コモディティ化するという意味でとても良いこと
        • 一方で深い部分を理解できていないと、パラダイムを把握するのが難しくなる
          • 深い部分を理解するのに、数学の知識は役に立つ
        • そのままで良いのかどうかは、自分がどうしていきたいかに依る

セッションで出てきた、読みたいと思った資料

発表では、自分が知らない様々な本や理論が引用・紹介されていて、多くの気付きがありました。

一部抜粋しています、時間を見つけて読んでいきたいなと感じました。

人望が集まる人の考え方

人望が集まる人の考え方

〈つながる/つながらない〉の社会学-個人化する時代のコミュニティのかたち

〈つながる/つながらない〉の社会学-個人化する時代のコミュニティのかたち

田舎暮らしに殺されない法 (朝日文庫)

田舎暮らしに殺されない法 (朝日文庫)

www.ted.com

毎日読書をやめようと思います

今年に入ってから、毎日1冊本を読んで年間365冊本を読み、読んだ内容をブログに書くという目標を掲げ、達成に向けて毎日本を読んでいました。

6月まで毎日本を読んできましたが、本を毎日ブログにアップする生活をやめようと思います。

毎日ブログ更新を続けていた話

平日は通勤時間を全て読書に当て、Kindleのハイライト機能を使用することでメモを残しながらブログの構想を考えていました。

また、通勤時間に本が読み切れない場合や、他の作業をしたいときなどもあるため、基本的には休日に本を読み溜めて、平日の7:00に予約投稿するようにしていました。

辞める経緯

業務との兼ね合い、iOSのキャッチアップに時間を取りたい、など辞めるための理由(言い訳)を挙げだすとキリはないですが、大きく分けると2つです。

  • 読書の質の低下
  • 自分の生活の質の低下

読書の質の低下

1月から始めていた読書ですが、最初の頃と比べて学びが薄くなっています。

読んだ本をアウトプットしなければいけない思いから、1日で何とか読めそうかなとか、今の自分が知っている内容の多い本という選択になったりすることもありました。

読みたくて積読している本はたくさんあるのですが、それらの本を置いてとりあえずアウトプットを続けていたため、後ろめたい気持ちが続いてきました。

これらの気持ちから一旦区切りをつけて、自分の読みたい本・求めている知識を得るための本を優先して本を読もうと思います。

自分の生活の質の低下

今年は絶対に読書をしなければいけないため、毎日どこかで時間を取って読書をしています。

1月のころは楽しくて良かったですが、最近は毎日継続しなければという気持ちが強く、のんびりしている時間も「本を読まなければ」という思いになることが多かったです。

休日なども不機嫌な気持ちになることが多かったため、全体的な生活の質は落ち続けていました。

葛藤

自分で立てた目標なので、達成するために一番効率の良い方法を捨てるのはとてもきついです。

kuro-46.hatenablog.com

また、ブログ更新日数もプレッシャーとなり、辞めたら記録が終わってしまうのも嫌だという気持ちがありました。

f:id:kuro-46:20190616161735p:plain

しかし、読書の本来の目的である「自分の思考の幅を広げる」ことは、現状できていないため、やめることにします。

今後の流れ

毎日ブログアップはやめますが、目標である読書365冊, ブログ365本は諦めたくないです。

年末までに上記目標は達成できるように、読書は続けていこうと思います。

読む本については、今まで読んできた本を整理し、自分に足りていない分野から継続的に本を読んでいこうと思います。

マインドマップとかを作って、読んできた本の分類とかしようかなと思います。

【読書】カルト村で生まれました。

読んだ本

カルト村で生まれました。 (文春e-book)

カルト村で生まれました。 (文春e-book)

学んだこと

支配

私は今まで、カルト村という存在があることを知りませんでした。

カルト村では、以下のような形でマインドコントロールが行われているようです。

貧困と自由

カルト村では、お金を使わない生活を良しとして、お金を持たない生活をしているようです。

最低限の生活が担保されている一方で、自由にお金を使えるといったことはできません。

全てを委ねることで、お金を自由に使えなくても、生活は担保されることを学びました。

子供などは生まれてきた環境や人に依存する部分がとても強いため、自由にたくさん考えられるようにしたいなと思いました。

【読書】世界にバカは4人いる

読んだ本

世界にバカは4人いる

世界にバカは4人いる

学んだこと

DiSCモデル

下記のサイトの説明がとても分かりやすかったです。

DiSC®とは? - HRD株式会社

4象限で2次元のマトリクスを作れるため、対称がどこになるのかなど、とても分かりやすいモデルだなと思いました。

D:主導型

意思が強くて勝ち気なタイプ。

i:感化

楽観的で面白そうなことが好き。ちなみに私もI型でした。

S:安定

一貫性を保って予測可能な範囲で動きたいタイプ。

C:慎重

計画性を持って系統だった手段で作業することを好むタイプ。

その他DiSCモデルについての説明

  • すべての人間の行動をDiSCモデルで説明することは無理
  • 人間の行動を説明するモデルはほかにもある
  • 理研究に基づいていて、世界中で35言語に翻訳されて使用されている
  • 類似のモデル:四体液説
  • 1つだけではなく、2・3のモデルを持っている
  • 例外もある(あくまで傾向にあるという認識が良さそう)

そこに4人がいることが大事

チームとして適切なのは、それぞれの色のメンバーが混ざっているとき。

自分と同じような性格の人間ばかりを採用してしまうと、駄目になってしまう。

【読書】なぜ最近の若者は突然辞めるのか

読んだ本

なぜ最近の若者は突然辞めるのか

なぜ最近の若者は突然辞めるのか

学んだこと

離職率自体はそこまで変わっていない

厚生労働省が出している離職状況のデータから見ると、30年前から3年以内に辞める若者の数は同じ。

しかし、離職率が上がっている傾向に見られるようなことが多い。

新規学卒者の離職状況

最近の若者の特徴

  • 批判が嫌
  • 平凡であることを好む
  • SNS社会の住人(過剰な忖度、予防線、カモフラージュ、カマチョ、リア充感、被害妄想)
  • ヨコ社会(ワンピースが神。マウンティング過剰)
  • 会社への意味付けの変化(会社は空間の一つ)

どう向き合うか

一般的マネジメントセオリー

  • 関係性を作る
  • 共感を育み、心理的安全を提供する
  • 内発的動機に点火する

若者とのコミュニケーションキーワード

  • 一人ひとりを意識した個人レベルの対応
  • 上から目線ではないフラット目線
  • レスポンスの重要性

職場のあり方

職場はプラットフォームのような構造になり、人材は抱え込むのではなくオープンソースとして捉える未来がやってくる。

上記のようなプラットフォームの構造で、人材の目的意識を満たすための意味付けをどのように設定できるかは良くわかっていないです。

フリーランスの人の働き方は、上記のプラットフォーム内での働き方だと思うので、フリーランスの人の「お金以外」の内発的動機づけについて、詳しく知りたいなと思いました。

感想

どちらの気持ちも分かる

私は新卒で入社して、今年3年目の人なので、先輩・同期・後輩を見ていて、どちらの言い分も分かるなあと思っています。

自分も含め「若者」には、内発的動機づけに火がつかないとやる気が出なく、成果がイマイチになる人は多いのではないかと感じています。

内発的動機づけは人それぞれなので、チームのそれぞれの人にあった内発的動機づけがチーム内でできるといいなと思いました。